親子

必用な期間は長くはない

赤ちゃん

添い寝の方が楽

赤ちゃんが生まれる際、特に第1子が生まれる前は新生児期の生活に向けて色々なものを準備する必要があります。その中の一つがベビーベッドです。ベビーベッドがあれば、大人が利用しているベッドなどで添い寝をしていた寝返りができるようになった赤ちゃんが転落するといったリスクを回避できますし、赤ちゃんが寝る台座の下におむつなどを収めるスペースができるため収納面でも利点もありますので、新生児期には重宝するものの一つとなります。首が座るまでの赤ちゃんは添い寝をして親が寝てしまうと親が寝返って赤ちゃんの乗り上げてしまうといったリスクもありますのでベビーベッドが必要なのです。

購入すると処分費用も必要

ベビーベッドの手配には購入とレンタルの2つの方法があります。費用面を無視すると、壊してしまった際などのリスクを考慮すれば購入する方がレンタルよりも安心です。ベビーベッドが必要な期間は赤ちゃんの首が座るまでの半年弱程度です。ですので、費用面を考えれば、購入するよりも半年間のレンタルとする方が一般的に割安になるのです。更に、購入してしまった場合はやがて不要になった際に処分をするのにも費用が発生します。赤ちゃんが生まれる前は、何を買うのか、何をレンタルするのかといった判断をとかく2〜3か月先位までのことしか想像せずに下してしまいがちです。しかし、半年という時間は赤ちゃんが生まれれば、瞬く間に過ぎてしまいます。ですので、ベビーベッドに限らずレンタルでも調達できるものに関しては、レンタルの方が得なのか、購入した方が得なのかを半年以上の長期的な視点を持って判断することが大切なのです。

赤ちゃん用の寝具選び

布団

ベビー布団には羽毛タイプとポリエステルタイプがあり、どちらもメリットデメリットがあります。選ぶにあたってはお店の人に相談してそれぞれの布団の機能を確認し、ベビーが気持ちよく過ごせるものを選ぶことが第一と言えます。

» 読んでみよう

効率的に利用しよう

親子

子どもが生まれると、ベビー布団を取り揃える家庭が多くなってきています。種類も豊富なので、じっくりと比較して選ぶことが大切です。しかし、将来的に無駄になることを考えるのなら、レンタルがお勧めです。今後はレンタル業者が増えることが予測できます。

» 読んでみよう

幼児が安心して飲める水

ベイビー

ウォーターサーバーを家庭に設置する事で、赤ちゃんに安全な水を飲ませる事ができるため魅力的です。ミネラルウォーターを購入した場合は自宅まで運ぶ事が大変ですが、ウォーターサーバーを設置する事で、水を届けてもらう事ができるため利便性が高いと言えるのです。

» 読んでみよう